18番街

   石垣島の市街地に18番街という区域があります。妖しげなスナックが立ち並び、場末の酒場といった雰囲気が漂うところです。看板と扉があるだけで中は見られない。今はさびれた裏通りですが、バブル期は石垣で一番の繁華街でした。現在はその隆盛を美崎町に譲っています。この(2018年前後の)2年で、3店舗が店を畳みました。斜陽の区域ですが、40年前の風情をそのまま残しています。そこに半年間、通うことにしました。


   本編は18番街にあるスナック全14店舗に潜入し、店内と従業員、集う人々を写したものです。重たい扉を開けると、そこには14種類の異世界がありました。

撮影期間 2018年4月 ~ 2018年12月

Epilogue

   最近こんな夢をよく見る。石垣島の夜の街を飲み歩いている。けれど、実際には存在しない飲み屋街なのだ。なじみの店で飲んでいることもあるのだが、広さや飾ってあるものがどこか違う。

   そんな夢の中のお店は、外の世界から完全に切り離された空間として現れてくる。次のお店にジャンプしていることもある。そこも外界から隔絶されている。宮崎駿監督の映画に出てくるお店のような感じだ。

 

   18番街のスナックの隔絶感は、夢の中に出てくるお店に近い。扉を開けた瞬間に内の世界に引き込まれ、外の世界のことを忘れてしまう。14店舗あるスナックは、14人のママの世界だった。店内は、南国らしいどぎつい色の造花や大きな観葉植物、ママが収集した飾り物でいっぱいだった。 それぞれが独特の世界観を持っていた。一晩に2、3店舗をはしごする感じも、ジャンピングする夢にどこか似ていた。

 

   スナック巡りは14人のママを写し終えて、ひと段落ついた。不思議なことに、夢に一番近いお店にあれだけ通ったのに、18番街で飲んでいる夢をまだ見たことがない。

© 2019 Hayashi Hiroyasu